ジャーナリズムの可能性

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数632
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    新聞というと、普通紙媒体である新聞紙を思い浮かべるだろう、しかし近年ネット新聞という新たなメディアが目立ってきた。ネット新聞ジャーナリズム。
    ジャーナリズム、 新聞や雑誌やラジオやテレビなどの活字と電波を基にする報道、その外の伝達活動、またはその事業を話す。結局はジャーナリズムと言うものは、何かの手段を利用してメディアに情報を公開する事、その情報を地域社会に伝達する活動全般を意味する。  マスメディアと言うのはこのようなジャーナリズムをより広い社会に伝達するために、新聞と放送が自らを企業化させた形だ。つまり、マスコミはそうようものだ。 ジャーナリズムに一番近い単語では‘言論’がある。言論とは漢字そのままに言葉や文で自分が考えることを発表すること、または発表した文を意味する言葉だ。意味を拾っては、そんな文を書く行為の全般を意味する。だから、ジャーナリズムは言論を含むとか、あるいは言論と同じ意味で使われる。だから ‘言論=新聞、放送’、‘ジャーナリズム=新聞、放送’は非常識的なマスメディア環境が作り上げた先入観に過ぎない。これは仮に我が国にだけに限定された問題ではないのだ。
    数多い新聞や雑..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。