競争戦略

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数708
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    競争戦略は、3つの基本型に分けることができる。
    それらは(1)コスト・リーダーシップ、(2)差別化、(3)集中化である。
    (1)コスト・リーダーシップとは、同業者より低いコストを実現することによって、競争者に対して優位にたつ戦略である。競争を有利に展開するために、業界一低いコストを実現した企業は、コスト・リーダーと呼ばれる。コストが低いからといって、必ずしも価格を下げる必要はない。仮に、コスト・リーダーが、競争者と同一の価格を設定すれば、競争者より大きな利益をあげることができる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    経営学
                 
    競争戦略は、3つの基本型に分けることができる。
    それらは(1)コスト・リーダーシップ、(2)差別化、(3)集中化である。
    (1)コスト・リーダーシップとは、同業者より低いコストを実現することによって、競争者に対して優位にたつ戦略である。競争を有利に展開するために、業界一低いコストを実現した企業は、コスト・リーダーと呼ばれる。コストが低いからといって、必ずしも価格を下げる必要はない。仮に、コスト・リーダーが、競争者と同一の価格を設定すれば、競争者より大きな利益をあげることができる。価格が一定であれば、当然、コストが低い会社の方が儲けは大きい。あるいは、コスト・リーダーが、競争者より低めの価格を設定すれば、競争者よりもたくさん販売してマーケットシェア(市場占有率)を伸ばすことができる。デザインや品質などで違いがない限り、顧客は、当然、より安い製品を買い求めることができるからである。
    コスト・リーダーになる方法は2つある。大量生産のメリットをいかす方法である規模の経済活用である。規模の経済とは、「大量生産や大量販売によって製品の単位あたりの平均コストが下げ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。