アメリカの文化と言語Ⅰ

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数741
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「8章『Martin Luther King,Jr.』について日本語で要約した上で、あなたの考えを述べよ。」
    「Martin Luther King,Jr.」についての要約は次のとおりである。
    公民権運動のリーダであるMartin Luther King,Jr.(以下キング牧師と略)の生涯の仕事は、平和的手段により、アメリカ黒人のために社会的・政治的・経済的平等を獲得することであるが、1964年に反対者に暗殺された。
    その年、非暴力改革への献身に対し、ノーベル平和賞を過去最年少で受賞した。
    バプテスト派の牧師の息子と孫になるキング牧師は、ジョージア州アトランタで生まれ、15歳で高校を卒業し、モアハウス大学に入学した。最初は医師か弁護士を目指すが、牧師を選び、モアハウス大学で文学士を取得した後、ボストン大学で博士号を取得した。
    この頃、インドを英国の支配から自由にし、非暴力抵抗を導いたマハトマ・ガンジーの絶大な崇拝者であったため、後にキング牧師はガンジーから「実践テクニック」を、彼のキリスト教の宗教性から「理想」を得た。
    大学院にいる間にコレッタ・スコットと結婚をし、1955年に卒業して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。