死生論

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数805
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    死生論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「末期ケアの理念や現状を踏まえ、わが国の末期医療がどうあるべきか述べよ。」
    末期ケアとは、ガンなどの病気にかかり、残された命があとわずかと医師から診断された患者が、安らかに人生を終えることができるように援助をすることである。
    この末期ケアを行う上での理念については、以下の2つがあげられる。
    ① 末期患者と共に死を受け止め、患者の個性を尊重し重視する。
    末期患者の死を、人間としてごく自然なこととして捉え、末期患者と共に死を見つめる姿勢を持つことが大切である。また、死に対する末期患者の希望を共に考え、どのように死を迎えたいかということを、家族も含めて考えることが必要である。
     ② 末期患者も自分もいつか死を迎える同じ人間であり、死は平等だと認識する。
    末期ケアを行なう者も、いずれは末期患者と同じ立場にある。このことを認識した上で、末期患者と家族の立場に立ち、本当に求められているケアを行なうことが、重要なのである。
    しかし、末期ケアの現状では、病名を告げるか告げないか、告げるにしてもどのような告げ方をしたら良いかという、告知の問題から始まる。末期患者の性格や受容能力を考えた上で、決定されなけ..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/06 0:44 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。