社会福祉原論(設題1)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数471
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉原論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「福祉国家の思想と原理について述べよ。」
    世界ではじめての福祉国家は、イギリスである。第二次世界大戦中に、イギリスの国民生活が困窮化する中、1942年にウィリアム・ヘンリー・ベヴァリッジ卿によって、「ベヴァリッジ報告書」(社会保険および関連する諸サービス)が提示された。この報告書は、イギリス政府によって、第二次大戦後の資本主義における社会保障制度・社会福祉に関する国家的基本設計図として取り上げられ、すべての国民の幸福を保障しようとする、国家的福祉計画具体化の始まりとなった。
    ベヴァリッジ報告書では、この福祉国家体制の中核となる社会保険・公的扶助・社会福祉サービスの指導理念を「国家による広範な社会政策の一環」とし、相互連携的に運用されるべきだと強調した。そして、イギリスが克服すべき問題を「五つの巨人」(五大悪)にたとえ、この問題に対応する社会保障制度を次のとおり五つ提言した。
    ① 貧困の問題に対応する「所得保障」
    ② 疾病の問題に対応する「保健医療」
    ③ 無知の問題に対応する「教育」
    ④ 不潔(非人間的な住居・環境)の問題に対応する「公的住宅・都市計画」
    ⑤ 無為(怠惰・失業)の問題に対..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/06 0:49 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。