社会福祉援助技術論Ⅰ(設題1)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数516
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会福祉援助活動の意義と社会的機能について述べよ。」
    社会福祉とは、利用者の生活支援を目標にした施策の総称である。社会福祉は、制度や施策として整備されて存在するだけでは意味を持たない。整備を活かした社会福祉援助活動(ソーシャルワーク)を通じて、はじめて目的が実現される。そのため、福祉従事者には、社会福祉施策と社会福祉援助技術から構成される社会福祉援助活動について、十分な理解が求められている。そこで、社会福祉援助活動の意義と社会的機能について、具体的に考えることとする。
    1 社会福祉援助技術の意義について
    制度としての社会福祉は、人間が生きていく上での目標行動に動機付けを与え、生活状況改善の条件整備へとつながるが、それは、あくまでも目標達成のための仕組みである。社会福祉という制度自体は、現場で作られており、援助者の実施する援助と利用者のニーズとの間に温度差がある。このことは、利用者の個別性に対応できない現状を指し示しており、制度が利用者の人間の自動制御、必要なサービス提供・支援力を持っているわけではない。つまり、社会福祉援助活動という専門的な行為を介して、はじめて目的実現となるのである..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:29 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。