社会学(設題1)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数528
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「社会変動の要因について述べよ。」
    社会変動とは、世の中の変化や動きのことである。日常的な社会関係・社会生活のあり方の変化(ミクロ変動)と、構造的・体制的な社会の変化・変動(マクロ変動)の2つの社会状況の変化があり、この2つは深く絡み合っている。
    構造的・体制的な社会変動は、一生のうちで、多くて1回か2回それに出くわし、あるいは経験できるかどうかといったところである。例をあげると、明治維新や第二次世界大戦後の革命、高度成長などがある。世界的にいうと、フランス革命やロシア革命などによる社会変動、旧ソ連や東欧の社会主義体制の崩壊などがある。
    このような社会変動の以前と以後では、政治経済体制はもとより、人々の暮らし方や人間関係のあり方、考え方までもが大きく変化したことが分かる。
    これに対して、日常の社会関係や生活上の変化・変動については、人々はあまり気付かずにいることが多い。例をあげると、日本人の平均寿命をみると、1947年では男性50.1歳、女性54歳であったが、2004年には男性78.64歳、女性85.59歳となり、世界一の長寿社会となった。一方、合計特殊出生率をみると、1949年では4..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。