老人福祉論(設題2)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数253
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    老人福祉論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『在宅福祉サービスの体系と介護保険制度について』
    1 在宅福祉サービスの体系
    在宅福祉サービスは、地域社会の中で居宅にて生活する高齢者などの福祉サービスを必要とする人々に対して、市町村の社会福祉協議会、地域の特別養護老人ホームなどの施設や病院、民間福祉サービス事業者・団体などが主体となって実施提供される諸々のサービスである。
    在宅福祉サービスの種類には、従来「在宅三本柱」と言われてきた訪問介護(ホームヘルプサービス)、短期入所生活介護(ショートステイ)、通所介護(デイサービス)があり、これらを中心に整備拡充が図られている。この3つのサービスのほか、訪問入浴、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、福祉用具貸与などのサービスがある。
    この在宅福祉サービスの整備拡充の目的は、要介護高齢者が、特別養護老人ホームや養護老人ホームを利用しなくとも在宅サービスを活用することにより、家庭を基盤とした地域社会での生活が継続できるような条件を整えるものである。
    在宅の高齢者の居宅形態は、ひとり暮らし、夫婦のみ、三世代世帯など、さまざまであるが、とくに近年では、「老々介護」といった高齢者が高齢者を介護す..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:33 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。