老人福祉論(設題1)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数302
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ライフサイクルの変化と高齢者福祉について』
    わが国は、老年人口率が7%から14%へと倍増するまでの所要年数が24年という極端に短い期間で高齢化が進行し、人生50年という時代から80年という時代となった。
    これは、平均寿命が1947年(昭和22年)には男性53.96歳、女性53.96歳であったが、2004年(平成16年)には男性78.64歳、女性85.59歳という世界一の長寿国に発展したためであり、今後も増加が見込まれている現状である。
    このような、急激な長寿の変化にともなって、人々のライフサイクルも変化している。その特徴的変化は次の5つのとおりである。
    ①定年後の期間の長期化である。例えば、大正時代において男性は退職後6.5年程度で人生を終えるのに対して、現在では17年もの期間を過ごすことになった。平均寿命が伸びて高年齢になってからの期間が長くなるということは、個人の生涯設計の中でも、この期間をどう過ごすかということが重要になっているのである。
    また、女性については、少ない子どもを早く産んで早く育てるというパターンが定着したことを背景として、子どもが結婚して独立後、夫婦のみで暮らす「..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:34 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。