社会福祉援助技術各論Ⅱ(設題2)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数207
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会福祉援助技術各論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『集団援助技術(グループワーク)の展開過程についてまとめよ。』
    援助者が、集団援助過程においてどのような援助行動をすればよいのかについて、その展開過程を1準備期、2開始期、3作業期、4終結期の4段階に分けることができる。
    グループ活動の準備期から終結期までの4段階の過程を1周期とした場合、継続した毎回のグループ活動にも4段階の過程がある。毎回のグループ援助活動のために十分な準備をし、円滑な開始をし、その回に出てきた問題や課題のための作業を行い、最後に次回の活動を考え、まとめをして、終結する過程である。
    展開過程で、毎回この段階を繰り返しながら、そのグループ援助の最終的な目標を達成していくのである。
    1 準備期について
    準備期とは、福祉施設・機関、病院、団体などにおいて、グループ援助の必要性が生じたことから、援助者がグループ援助を開始するために、グループの計画を立て、利用者たちに予備的な接触を始める段階までのことである。
    (1)グループの計画
    すでにあるグループ活動の中から利用者に一番適切なものを探し、紹介し、進める計画と、複数の利用者のために必要と考えられるグループをつくっていく計画が..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:41 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。