社会福祉援助技術各論Ⅱ(設題1)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数665
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『集団援助技術(グループワーク)についてまとめよ。』
    集団援助技術(グループワーク)とは、直接援助技術のひとつであり、「個人」と「グループ」を常に焦点におきながら専門的方法に基づいて直接働きかけることで、利用者の生活課題の解決と緩和を図る援助技術である。
     グループワークを、歴史的発達から考えて述べることとする。
    1 専門職への道(1920年代)
    1920年ごろからグループワークという用語は用いられたが、今日のような「方法」を意味するのではなく、余暇活動を提供している「分野」を意味していた。主に、セツルメントや青少年団体が「グループワーク団体」と呼ばれ、組織の充実と運動の拡大のために、有給の指導者や職員を採用しはじめた。
    1917年、貧困を社会問題として分析する視点を確立させたCOSから、リッチモンドは「社会診断論」を発表した。リッチモンドの業績により、科学的な援助方法としてのケースワークの基礎が確立し、援助方法が区別されてきた。
    2 研究団体の発足(1930年代)
    1930年代、専門技術としてさまざまな実践を統合し、当時の教育学や心理学等の知識を取り入れながら、大恐慌後のアメリカを舞..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:42 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。