社会保障論(設題2)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数344
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    社会保障論

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『医療保険制度の概要について』
    1 医療保障の概要
    医療保険制度とは、疾病という不誠実な事故にそなえて、危険負担を集団で社会的に行う仕組みであり、個人ではその損失を負担できない危険について、集団で平均化しようとする社会的なシステムである。
    そして、医療サービスの提供を受けて、危険負担の回復・救済を行うことが必要であり、社会政策的な観点から、社会保険の仕組みを使って費用保障を行うものである。
    わが国の医療保険制度は、全ての国民が健康保険や国民健康保険といった公的な医療保険制度に加入し、保険証1枚で「誰もが安心して医療を受けることができる」国民皆保険制度を採用している。
    地域や職場の各保険集団に強制加入することが原則になっており、所得に応じて保険料が徴収される。
    医療保険制度の目的は、費用の心配なく医療サービスを利用することができるという、費用保障である。
    病気になった人とならない人との公平性の確保や乱受診の防止、医療費増加に対する財政安定化などの観点から、患者には受益者負担が設けられている。
    医療機関の受診の際に、被保険者証(共済組合の場合は組合員証)を提示し、かかった費用(医療費)の原..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 18:03 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。