生涯発達心理学(設題2)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数460
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    生涯発達心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『社会環境と発達病理について述べよ。』
    人の発達段階を考えると、社会や人との関わりなしに課題は達成することはできない。 したがって、発達病理とは社会病理と密接に関連し、ある発達段階にいる人に対して社会が要求する行動が、常識的と考えられる枠から逸脱しており、しかも、その行動特性が社会現象として認識されている場合の現象である。そして、発達病理の背景には、何らかの社会環境が関係する。
    1 社会環境
    家庭環境、学校環境、地域環境、社会環境など、さまざまな場面で人は生きている。人の一生の中の発達段階で、とくに青年期に与える影響を例に考えると、次のとおりである。
    (1)学習環境
    家族、友だち、教師といった人的環境、家庭の経済状態、遊具、本、情報機器といった物的状態、育った地域の風土といった文化環境は、子どもの発達に大きな影響を与える。したがって、社会環境そのものが学習環境といえる。また、現代は都市化が進み、地域の人間関係は希薄なものになり、面倒くさい近所づきあいから解放されたかわりに、地域社会という子育ての援助者を失いつつある。
    このように、児童期の学習内容と方法は青年期、さらに成人期に大きな影響..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:46 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。