ケアマネジメント論

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,605
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ケアマネジャーの役割と技法について、我が国の介護保険制度における役割を踏まえて述べよ。』
    ケアマネジメントは、介護保険制度における認定範囲内の給付サービスとクライエントをただ結びつけるだけのものではなく、個々のニーズに合致した社会資源や内的資源を活用し、利用者の自立を促し生活の質を高めるために、実施していくものである。
    そのために、調整役でもあるケアマネジャーは何をすべきであるか、以下のとおり考察していくこととする。
    1 ケアマネジャーの役割と技法について
    ケアマネジメントは、多様化、複合化した今日の福祉ニーズに対応するため、公私の福祉サービスを調整し提供する機能がある。そのために、ケアマネジャーは、ケアプランを作成しサービスの調整を行う。
    その必要性は、地域福祉を中心としている近年では、社会福祉援助実践の中での位置付けとして高まっている。その理由としては、福祉サービスが専門化、細分化し、それぞれの専門機関へ行って援助を受けなければなかったことを、ケアマネジャーという1つの窓口でさまざまな福祉サービスを調整して提供することが必要とされているからである。
    ケアマネジャーの主な役割は、ク..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:49 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。