労働衛生学(設題1)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数495
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    労働衛生学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『衛生管理者の職務と役割について述べよ。』
    衛生管理者の制度は、昭和22年に労働基準法の制定によって創設され、労働安全衛生規則に示された。昭和47年に労働安全衛生法が制定し、労働安全衛生規則が全面改正された。そして、昭和63年、労働安全衛生法の一部改正では、常時50人以上の労働者を使用する事業場、工業的業種は第1種衛生管理者免許を必要とする業種、非工業的業種は第2種衛生管理者免許を必要とするその他の業種であると定められた。
    労働衛生の目標は、「健康的な労働の場をつくり、労働者のより高い健康状態を確保すること」である。ILO(国際労働機関)とWHO(世界保健機関)においては、「人間に対し仕事を適応させること、各人として各自の仕事に対し適応させるようにすること」を労働安全の目標としている。
    わが国の労働衛生の現状をみると、産業構造の変化、高齢化の発展などにより労働者を取り巻く環境は、心身の健康状態の低下が深刻な問題となっている。
    労働災害による死傷者数は、昭和36年をピークとして減少し、51年から53年は一時的な増加はあったが、平成17年には休業4日以上の死傷者数が120,354人であった..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:50 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。