生理学(設題2)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数321
ダウンロード数8
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    生理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『物理化学的および心理的ストレス誘発因子による心身の機能変化と、それらへの対処について述べよ。』
    わが国は、産業構造の変化、高齢化の進展など労働者を取り巻く環境が変化する中で、仕事や職業生活に関する強い不安、悩み、ストレスを感じている労働者の割合が6割を超えている状況である。また、メンタルヘルスの問題が大きな社会的関心を集めている。
    以下に、身体的・心理的ストレスの発現機序とその対処法について述べることとする。
    1 ストレス誘発因子について
    ストレス誘発因子になり得る刺激には、有形無形のありとあらゆるものがある。この刺激に対する人身の反応が複雑になると、労働者の悩み・不安などを生じるため、ストレスの原因となる。
    (1)物理化学的なストレス誘発因子
    物理化学的環境では、温度、湿度、圧力、振動、音、光、放射線、各種有害物質・ガスなどの外的環境要因がある。
    (2)生物化学的なストレス誘発因子
    生物化学的環境では、食事、睡眠、感染、出血、外傷、疲労などの内的要因がある。
    (3)社会・心理的要素のストレス誘発因子
    個人が社会の一員としてそれぞれの役割を果たす過程で発生するものとして、人間関係、人..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:59 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。