児童心理学(設題2)

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数267
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    代表キーワード

    児童心理学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『乳幼児の心理についてまとめよ。』
    1 乳児期の心理について
    乳児期とは、生後1年ないし1年半の期間である。生まれてから乳を飲み、生後5ヶ月あたりから離乳をはじめ、1歳頃にはほとんどの栄養を離乳食から摂るようになり、歩いて言葉を話せるようになるまでには、約1年半を必要とする。この乳児期は、短い期間であるが、後の心身発達の基礎となる重要な時期となる。
    乳児期の子どもの認知の特性は、「体で考える」ということである。
    乳児期の子どもは、目に見えないものや体験していないことは、認識できない。直接自分が見たり、触ったり、感じたりしたものだけ認識できる。そのため、心理学者ピアジェは、この時期を「感覚運動的知能の段階」とし、乳児は対象の認識をもっぱら感覚と身体運動を通じて行い、しだいに乳児の行為の対象への働きかけの効果に気付くようになり、意図的に対象に働きかけるようになると考えた。
    乳児期の子どもは、自分の体験したことから、大きさ・感触・量など周囲の事物の性質を理解し、しだいに事物間の関係を理解していくようになる。このような経験を繰り返すことによって、イメージを思い浮かべることができるようになるので..

    コメント1件

    mika0316 販売
    A評価のレポートです。
    2008/10/05 17:45 (8年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。