「教師が行なう教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方に)ついて述べなさい。」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数676
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    カウンセリングは、子どもの人格(心的構造)がバランスよく発達を遂げるよう援助する「発達援助カウンセリング」と、主に神経系の患者を対象にした「治療的カウンセリング」の二つに分けることが出来る。学校におけるカウンセリングでは、前者の「発達援助カウンセリング」を指すことが多い。
    この点を踏まえた上で、教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について考えていきたい。
    子ども達は学校で授業を受けたり、学級活動をする中で成長していく。しかし不登校やいじめ、非行に関わる子ども達は、悩みや苦しみ、非常につらい心理状況から抜けられない中でそうした枠に入れないでいる。教師はその枠の中にいる子ども達の心の状態を安定させ、育てていかなければならない。そのためには、子どもたち一人一人をより深く理解し、対応していくことが必要となり、そこにおいてカウンセリングの理論や方法がかなり有効であると考えられる。
    実際に子ども達に対応するときには、子どもたち一人一人は、年齢に関係なく、それぞれの発達課題を持っていると考えられる。個々の子供たちにとって、今、何が課題になっているか、すなわち「心のテーマ」は何であるかという視点で様々な発達課題を考えていく。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教師が行なう教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方に)ついて述べなさい。」
     カウンセリングは、子どもの人格(心的構造)がバランスよく発達を遂げるよう援助する「発達援助カウンセリング」と、主に神経系の患者を対象にした「治療的カウンセリング」の二つに分けることが出来る。学校におけるカウンセリングでは、前者の「発達援助カウンセリング」を指すことが多い。
     この点を踏まえた上で、教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について考えていきたい。
     子ども達は学校で授業を受けたり、学級活動をする中で成長していく。しかし不登校やいじめ、非行に関わる子ども達は、悩みや苦しみ、非常につらい心..

    コメント2件

    57030332ok 購入
    よく出来ていました
    2006/11/13 16:40 (10年1ヶ月前)

    kyousi 購入
    参考になりました。
    2007/02/07 17:17 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。