ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数1,059
ダウンロード数26
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    的な作家たちを幾つか取り上げ、個々の作品に描かれた内容にも具体的に触れながら作風についても述べてみたい。
    ロスト・ジェネレーションとはヘミングウェイを評したスタインの言葉であり、失われた世代の意である。第一次大戦戦争に参加した若者たちは、戦争によるショックであらゆるものに対して懐疑的になり、ニヒリズムにおちいる者もあった。彼らの中には戦後も欧州に留まったり、あるいは帰国後すぐ米国から脱出しヨーロッパで文学活動をおこなう者たちがいた。いわゆるロスト・ジェネレーションの作家たちである。
    以下、作家別に取り上げてみたい。
     ヘミングウェイ:彼の著作に一貫している作風とは、死と暴力に直面する人間の現実である。さて第一次大戦時の体験をもとに叙した戦争と恋愛をテーマに

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ロスト・ジェネレーションの作家について具体的に作品をとりあげて述べよ。」
     ロスト・ジェネレーションと云われる作家たちの文学にはいかなる特徴がみられるのだろうか。本稿では、先ずロスト・ジェネレーションを定義付けする。その上で代表的な作家たちを幾つか取り上げ、個々の作品に描かれた内容にも具体的に触れながら作風についても述べてみたい。
    ロスト・ジェネレーションとはヘミングウェイを評したスタインの言葉であり、失われた世代の意である。第一次大戦戦争に参加した若者たちは、戦争によるショックであらゆるものに対して懐疑的になり、ニヒリズムにおちいる者もあった。彼らの中には戦後も欧州に留まったり、あるいは帰国後すぐ米国から脱出しヨーロッパで文学活動をおこなう者たちがいた。いわゆるロスト・ジェネレーションの作家たちである。
    以下、作家別に取り上げてみたい。
     ヘミングウェイ:彼の著作に一貫している作風とは、死と暴力に直面する人間の現実である。さて第一次大戦時の体験をもとに叙した戦争と恋愛をテーマにした作品に「武器よさらば」があるが、これは主人公の戦争に対する考え方が細かく描かれており、厭戦小説と言われ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。