エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数2,161
ダウンロード数36
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」
     アメリカ文学史において19世紀前半を代表する作家といえばエドガー・アラン・ポーであり、19世紀後半といえばマーク・トウェインであろう。本稿では、先ず両者の作品について概論を述べる。次に代表作を出来るだけ幅広く取り上げ、各々の具体的内容について、批評を織り交ぜつつ詳しく述べてみたい。尚、ポーについては短編・詩・評論の3つをそれぞれ分野別に叙する。
    エドガー・アラン・ポー:19世紀の前半のアメリカ文学のなかで世界文学的なレベルで評価され、他国の文学に大きな影響を与えたのはポーの作品であろう。「大鴉」や「詩の原理」などにおいては、美こそが詩の全てであり、美は理知的な作業によって構築されうるという持論を作品の中で体現し、また「黒猫」や「アッシャー家の崩壊」などにおいては怪奇な幻想世界を作り出した。さらに「盗まれた手紙」や「モルグ街の殺人事件」では推理小説というジャンルを確立するに至ったのである。
    ポーの短編小説の大半は、「怪奇幻想物語集」と「短編集」にまとめられており、それらの小説のテーマは主に3つに分類される。第1に恐怖、次に美や詩情、第3に推理である。 さて、特に著名な作品のひとつ「アッシャー家の崩壊」がある。これは中世趣味、煽情主義、超自然的恐怖のゴシック・ロマンス的要素をすべて取り入れた作品である。この他、ポーにはゴシック・ロマンスから発展した探偵小説があり、「モルグ街の殺人事件」、「マリー・ロジェーの怪事件」、「盗まれた手紙」の三篇はいずれもパリを舞台とし、探偵デュパンが活躍する物語であるが、怪しい幻想の世界の中に、理路明快たる描写がほとばしる快作といえよう。
     ポーの詩作における基調は、純然たる美を理想としていることであり、また天上の美に対する憧憬を満たすという点にある。友人の母親に恋をしたときの思いを書いた「ヘレンへ」、一人の男が恋人の死を悼み、彼女の美を理想化することにより、理想の美にともなう魂の高まりと霊的な深さを得る「大鴉」などで、美を追求している。 
     評論については、ポーの文学論がよく著されているといえるだろう。代表作は「創作理論」と「詩の原理」であるが、「創作理論」においては「大鴉」の創作過程を分析し、詩の存在意義は美的なものを鑑賞することにあるという前提で、その美を最高に表現するための方法論を探ってみたり、あるいは音の面から、意味の面からどのような効果をあげているのかを「大鴉」の中から実例を用いて述べている。「詩の原理」では、美に対する感動の緊張について述べ、詩はできるだけ短くすべきであると主張し、また、詩の目的は知性や道徳から解放して美を鑑賞することだと主張した。
    以下、ポーの文学の総論となるが、彼は短編小説において、中世の象徴である古城や廃墟を人間の精神の深みを表わしたものととらえ、それを怪奇や恐怖という形を取り入れた心理ロマンスに発展させた。また詩・評論においては純粋に文学の美を追求したが、雑誌編集者としての文芸創作に対する著しい意欲の表われが直情に美を追求させたのではないか。またポーの詩はボードレールやマラルメなどフランス象徴派詩人に多大なる影響を与え、美の音楽的創造とする詩論は現代でも詩創造の基本的認識になっている。
     マーク・トウェイン:最もアメリカ的な文学者であると、詩人・ホイットマンと並び称されているのがトウェインである。彼はアメリカ文学の伝統を確立した国民的作家として認識されており、その代表的作品として「トム・ソーヤの冒険」や「ハックルベリ・フ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「エドガー・アラン・ポーとマーク・トウェインについて述べよ。」
     アメリカ文学史において19世紀前半を代表する作家といえばエドガー・アラン・ポーであり、19世紀後半といえばマーク・トウェインであろう。本稿では、先ず両者の作品について概論を述べる。次に代表作を出来るだけ幅広く取り上げ、各々の具体的内容について、批評を織り交ぜつつ詳しく述べてみたい。尚、ポーについては短編・詩・評論の3つをそれぞれ分野別に叙する。
    エドガー・アラン・ポー:19世紀の前半のアメリカ文学のなかで世界文学的なレベルで評価され、他国の文学に大きな影響を与えたのはポーの作品であろう。「大鴉」や「詩の原理」などにおいては、美こそが詩の全てであり、美は理知的な作業によって構築されうるという持論を作品の中で体現し、また「黒猫」や「アッシャー家の崩壊」などにおいては怪奇な幻想世界を作り出した。さらに「盗まれた手紙」や「モルグ街の殺人事件」では推理小説というジャンルを確立するに至ったのである。
    ポーの短編小説の大半は、「怪奇幻想物語集」と「短編集」にまとめられており、それらの小説のテーマは主に3つに分類される。第1に恐怖、次に..

    コメント5件

    michi0204 購入
    参考になりました
    2007/03/29 7:23 (9年8ヶ月前)

    naoto24 購入
    参考になりました。
    2007/04/17 8:26 (9年8ヶ月前)

    happychoco 購入
    参考になりました
    2007/06/04 22:55 (9年6ヶ月前)

    fjh0005 購入
    参考になりました
    2007/06/18 18:39 (9年6ヶ月前)

    sugichihi 購入
    参考にさせていただきます。
    2007/08/01 23:45 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。