18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数935
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    入する環境にあった。時にはその島国という特性が、他国の変化や動乱の影響を受けにくくし、自由の温床となったようである。
     さて、ピューリタニズムと近代市民社会の成立は、イギリスで小説が生み出されるにあたり、その基盤となった。エリザベス女王の死後、イングランド王位を継承したスコットランド国王ジェイムズ一世とその子チャールズ一世は共にイギリスの制度・習慣や国民感情について全くの無理解であり、王権神授説によって国王の神権を主張した。このため、国王に対しての強い反発心が国民の中に生まれた。そんな

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「18世紀においてイギリスが他国に先がけて小説を生み出したのは何故かをイギリスの歴史とそれが生み出す社会を考察しつつ述べよ。」
    18世紀イギリス文学を生み出した背景は如何なるものであったか。イギリスによらずどの国や地域においても、人の情緒を涵養する、文化の受け皿というものがある。その受け皿の個性、あるいは特殊性が、その地に独自の文化を根付かせるのである。本稿では、18世紀においてイギリスが他国に先駆けて小説を生み出した背景について、イギリス社会が辿ってきた歴史を軸にして詳しく述べていきたい。
    イギリスの文化を生み出した背景を語る上で、まず欠かすことが出来ない要素は、その土地、自然、つまりは風土である。イギリスの自然の特徴とはいかなるものであったか。イギリスは高緯度に存在するが、メキシコ湾流と偏西風の影響で、同緯度の他の地域に比べて暖かな気候を持っている。この暖かな地域に多くの人間が流入し、文化様式や生活様式が交流し、新たな文化を成立させる一方、古い文化様式を保つ地域もあった。また日本と同様に四方を海に囲まれていながら、孤立はせず、他国からの文化・技術も流入する環境にあった。時にはその島..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。