児童期、青年期において社会的認知の拡がり、自己意識などがどのように変化するか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,546
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「児童期、青年期において社会的認知(社会性の発達、対人関係(親・仲間))の拡がり、自己意識などがどのように変化するかをまとめよ。」
     まずは児童期について述べる。からだの成長はそれほど顕著ではなく、また情緒面でも安定した時期と云われるが、就学という環境的変化が子ども達に与える影響は少なくない。就学により子どもは学校という新しい生活空間を得、対人関係が変化・拡大する。大規模集団に所属するために発生する不安感を取り除くため、学級集団のリーダーである教師と信頼関係を結び、依存しようとする。だが次第に子ども同士で結びつきを求めるようになり、仲間関係が親や教師との関係を超えるものとなってゆく。小学校中学..

    コメント1件

    asym 購入
    参考にさせてもらいます。
    2007/06/08 16:20 (9年6ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。