ハロルド.E.パーマーやS.T.クラッシェンやW.リトルウッドが提唱した教授法

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,613
ダウンロード数38
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「ハロルド.E.パーマーやS.T.クラッシェンやW.リトルウッドが提唱した教授法をまとめなさい。」
     ハロルド.E.パーマー(以下パーマーとする)が提唱した教授法の中では特に口頭英語の指導法が核心といえる。まず、パーマーは言語学習上の原則として以下の9つを挙げている。①手始めの準備としての「a.耳慣らし b.調音練習 c.模倣練習 d.直接理解練習 e.語とその意味の間の正しい連想」を行なう ②言語を学ぶことは習慣形成の過程であるとする ③正確さを重視する ④発達段階の進展は漸次的に行う ⑤聞く話す読む書くの4技能を偏りなく指導する ⑥具体性:言葉で教示するよりも実例を示す ⑦生徒の興味を喚起..

    コメント4件

    uni_ka1722 購入
    thanx
    2007/02/24 0:39 (9年9ヶ月前)

    fjh0005 購入
    参考になりました
    2007/06/18 18:39 (9年5ヶ月前)

    sweet_maple 購入
    参考になりました
    2007/10/05 12:14 (9年2ヶ月前)

    a97036 購入
    参考になりました。
    2007/10/16 18:20 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。