人文科学とは 理解することとは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数907
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    人文科学とは、「人が織り成す文様」という意味をもつ『人文』と、「独自の方法で体制的に研究する学問」、すなわち化学などの自然科学を指す『科学』の2つから成り立っている学問であると考えられる。またそれ自体は政治、経済、社会、歴史、文芸をはじめ、哲学、言語学、心理学など広く文科系の学問の総称である。
    科学とは体系的であり、経験的に実証可能な知識で、物理、化学、生物などの自然科学が科学の典型とされ、経済的、法学などの社会的、心理学、言語学などの人間科学や、一般世界や知の主体の一般をとらえる近代科学も科学の一種である。
    しかし科学には3つの特性がある。1つ目に、事実を事実として正確に捉えているという意味の『方法的認識』。2つ目に、方法を提示し、その方法が厳密,明確,的確であり、誰もが追試を行い,同一の答えとなる『強制的確実性』。そして、3つ目に他の人が吟味し,いつどこでやっても同じであり,真実として成立する『普遍妥当性』の3つである。
    それでは人文科学はこの3つの特性を持っているのかというと、一つ目の方法的認識に関していえば方法が厳密で明確で的確であり,事実を事実として正確に捉えることが出来るので、『方法的認識』を有すると考えられる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人文科学とは、「人が織り成す文様」という意味をもつ『人文』と、「独自の方法で体制的に研究する学問」、すなわち化学などの自然科学を指す『科学』の2つから成り立っている学問であると考えられる。またそれ自体は政治、経済、社会、歴史、文芸をはじめ、哲学、言語学、心理学など広く文科系の学問の総称である。
    しかし人文科学を科学ではないかと考えられることも出来る。
    科学とは体系的であり、経験的に実証可能な知識で、物理、化学、生物などの自然科学が科学の典型とされ、経済的、法学などの社会的、心理学、言語学などの人間科学や、一般世界や知の主体の一般をとらえる近代科学も科学の一種である。
    しかし科学には3つの特性がある。1つ目に、事実を事実として正確に捉えているという意味の『方法的認識』。2つ目に、方法を提示し、その方法が厳密,明確,的確であり、誰もが追試を行い,同一の答えとなる『強制的確実性』。そして、3つ目に他の人が吟味し,いつどこでやっても同じであり,真実として成立する『普遍妥当性』の3つである。
    それでは人文科学はこの3つの特性を持っているのかというと、一つ目の方法的認識に関していえば方法が厳密で明..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。