製品化論

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数372
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

     製品化論 
    今日、携帯電話は私たちの生活に欠かせないものとなっている。最近でこそ徐々に新規化入者は減少しているが、依然として高水準を保っていることは事実である。しかし、新規加入者の減少が始まったとは言っても、機種交換者が急増していることもあり、まだまだこの業界は成長を遂げているといえる。
     今日の国内市場の約6割を占める最大手はDoCoMoでありネームバリューのつよさをみることができる。サービスの満足度の特徴は通話に対する満足度は低く、インターネット(i-mode)の満足は高い結果となっている。しかし、満足度の高いサービスが利用度の高いサービスという関係にはならず大きな経済効果を生み出すサービスではないようだ。コンテンツの読み込み表示速度などの技術的問題にも関係していることから今後はDoCoMoだけでなく、メーカーやコンテンツ業界とも連携した技術革新を目指すことが必要であるがメーカーの人気が高いためメーカーの技術力が向上すれば大きく進展することが予想される。第3世代携帯電話FOMAの位置づけであるが料金体制や割高傾向や機種の不具合などさまざまな問題があり、今日の第2世代携帯電話のような普及状況になるまでには次官を要すると考えられる。
     auは主力サービスともいえる「学割」サービスの影響が大きく、しかし、会社選定理由としてはほかに特出したものがなく、逆に機種にGPS昨日などの特出した機能などがあることから会社ではなくメーカーを重視する傾向となった。サービス満足度としてはムービーの普及に伴い、通話環境の整備が進んでいることから通話に対する満足度が高い。auとしての今後の課題は、学割サービス以外のサービスを充実させ世代的な偏りを発生させないことが挙げられる。アメリカ市場とも密接な関係にあることから今後はアメリカメーカーの技術を国内市場に投入できるかという点も注目される。現在auにおいて提供されている第三世代携帯電話は第三世代携帯電話における国内最高シェアとなっており、第三世代携帯電話への以降が順調に新興しているといえる。この原因としては、料金制度が従来のものと同じであることと機種によって用途が明確に分かれている点が挙げられる。
     Vodafoneは早くからメールシステムに重点をおいたサービス展開している。しかし、メールサービスはキャリアのみの技術ではなく、表示や編集といった機種に依存する部分も多く含んでおり、会社としてはほかに特出したサービスもなく、フィールド分類としてはauと同様にメーカーが重視されやすい結果となった。中でもSHARPの機種を保有するユーザーの割合が高い。SHARPは早くから高性能なカラー液晶を市場に投入し、今日のカラー液晶携帯電話の先駆けとなったといえる。Vodafoneの今後の課題はメールサービス以外のサービスの充実が重要になっている。これはコンテンツの質的な問題ではなく、量的な問題でありそのためにもコンテンツ産業との連携を強化することが重要である。Vodafoneの場合Javaを用いたアプリケーションがパソコンで使用されるJavaと基本的には同じものが利用できるため、この優位性を利用したサービス提供がひとつの解決策になると考える。中でもJava を用いた動画処理には液晶技術の高い点からでも有効であると考える。
     メーカーについて考えると、メーカーの選定時に各ユーザーのサービス利用度によって一定の集団を形成することがわかる。全体のサービスの利用度の低いユーザーはPanasonic、MITSUBISHI、FUJITSUを好み、利用

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     製品化論 
    今日、携帯電話は私たちの生活に欠かせないものとなっている。最近でこそ徐々に新規化入者は減少しているが、依然として高水準を保っていることは事実である。しかし、新規加入者の減少が始まったとは言っても、機種交換者が急増していることもあり、まだまだこの業界は成長を遂げているといえる。
     今日の国内市場の約6割を占める最大手はDoCoMoでありネームバリューのつよさをみることができる。サービスの満足度の特徴は通話に対する満足度は低く、インターネット(i-mode)の満足は高い結果となっている。しかし、満足度の高いサービスが利用度の高いサービスという関係にはならず大きな経済効果を生み出すサービスではないようだ。コンテンツの読み込み表示速度などの技術的問題にも関係していることから今後はDoCoMoだけでなく、メーカーやコンテンツ業界とも連携した技術革新を目指すことが必要であるがメーカーの人気が高いためメーカーの技術力が向上すれば大きく進展することが予想される。第3世代携帯電話FOMAの位置づけであるが料金体制や割高傾向や機種の不具合などさまざまな問題があり、今日の第2世代携帯電話のよう..

    コメント1件

    gumi007 購入
    内容の割に高い
    2007/05/13 22:53 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。