なぜ証券市場がベンチャー企業育成に必要なのか

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数383
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介


    ベンチャー企業育成になぜ証券市場が必要なのか、また、日本の証券市場を例に問題点も含めて考察していく。
    本来、新興企業向け証券市場が成長の可能性のあるベンチャー企業に対して資金を提供し、又、ベンチャーキャピタル(資金調達能力の乏しい会社に資金を提供する団体や個人)やエンジェル(株式を公開していないベンチャー企業に資金を提供する大口投資家)が、利益を得られるようにして、これらの直接金融がベンチャービジネスの発展を促すものである。銀行を仲介とする間接金融は、自己資本比率の維持、預金者保護の理由から、ベンチャー企業が必要とする資金の投資を行えないために、直接金融での調達・投資が不可欠になっている状況で、新興市場向け証券市場の役割はベンチャー企業の成長のためには必要である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    なぜ証券市場がベンチャー企業育成に必要なのか
    ベンチャー企業育成になぜ証券市場が必要なのか、また、日本の証券市場を例に問題点も含めて考察していく。
    本来、新興企業向け証券市場が成長の可能性のあるベンチャー企業に対して資金を提供し、又、ベンチャーキャピタル(資金調達能力の乏しい会社に資金を提供する団体や個人)やエンジェル(株式を公開していないベンチャー企業に資金を提供する大口投資家)が、利益を得られるようにして、これらの直接金融がベンチャービジネスの発展を促すものである。銀行を仲介とする間接金融は、自己資本比率の維持、預金者保護の理由から、ベンチャー企業が必要とする資金の投資を行えないために、直接金融での調達・投資が不可欠になっている状況で、新興市場向け証券市場の役割はベンチャー企業の成長のためには必要である。
    日本経済の新たな担い手として、新たな産業・企業の成長は大変重要である。しかし、戦後から続いてきた間接金融を主体とし、規制の多い日本の証券市場では、新興企業が創業や成長に必要な資金を十分に調達できないという問題に直面することが多かった。
    日本の株式市場は、戦後に証券取引法を制定して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。