IAS(International Accounting Standard)について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数239
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     1.各国で違う利益や財産の計算
     会社や個人の事業者が、事業活動で得たえ利益の額や現在持っている商品や設備などの価値を正確に知ることは経営上かかせないが、その利益計上する方法や、財産価値の評価の仕方は国によってことなる。また、同じ国であっても、会計方針の違いや法令の適用の仕方などによって、同程度の事業を展開する会社であっても出てくる利益などの金額が異なることはよくある。これは、国や会社によく考え方の相違や、長年にわたる慣習および大きくは政策などによるのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    IAS(International Accounting Standard)について
     1.各国で違う利益や財産の計算
     会社や個人の事業者が、事業活動で得たえ利益の額や現在持っている商品や設備などの価値を正確に知ることは経営上かかせないが、その利益計上する方法や、財産価値の評価の仕方は国によってことなる。また、同じ国であっても、会計方針の違いや法令の適用の仕方などによって、同程度の事業を展開する会社であっても出てくる利益などの金額が異なることはよくある。これは、国や会社によく考え方の相違や、長年にわたる慣習および大きくは政策などによるのである。
     2.求められる世界的な基準
     企業を評価するための基準が一本化になるなら、会社の内容を知ろうとしている取引の相手や投資家にとっても会計処理の統一は望ましい。決算書を読み取る上で国によって違う決算書による解釈ミスをおかす事がなくなるからである。この、世界中どこにおいても通用する会計基準を設けようというのが、IASである。
    3.IAS完成までの歩み
     政界的な会計基準としてのIASの作成を目的として、IASC(国際会計基準委員会)が以下の国の会..

    コメント1件

    oumasan123 購入
    良かったです。
    2007/07/18 17:19 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。