アジアの市場間競争

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数217
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1.日本の株式市場
    わが国の株式市場は、二次大戦後、高度経済成長とともに発展を遂げ、株式時価総額でみれば、その規模もニューヨーク、米国ナスダック市場に次ぐ第三位を占めるまでに成長した。もちろん、アジアではまだ圧倒的な市場規模を有しており、上場会社数や時価総額などは依然として域内最大の規模を誇っている。しかし、「少子高齢化」の急速な発展などにより、これまで世界のトップクラスを誇っていたわが国経済力そのものに陰りが見え始めた今日、資本・証券市場だけが、そうした構造的変化とは無縁に引き続き「競争力」を維持していけるとは限らない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アジアの市場間競争
     
    1.日本の株式市場
     わが国の株式市場は、二次大戦後、高度経済成長とともに発展を遂げ、株式時価総額でみれば、その規模もニューヨーク、米国ナスダック市場に次ぐ第三位を占めるまでに成長した。もちろん、アジアではまだ圧倒的な市場規模を有しており、上場会社数や時価総額などは依然として域内最大の規模を誇っている。しかし、「少子高齢化」の急速な発展などにより、これまで世界のトップクラスを誇っていたわが国経済力そのものに陰りが見え始めた今日、資本・証券市場だけが、そうした構造的変化とは無縁に引き続き「競争力」を維持していけるとは限らない。
    2.日本の新興企業向け市場
     90年代におけ..

    コメント1件

    peanuts 購入
    たすかります
    2006/09/26 12:08 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。