日本での国際会計基準の導入

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数421
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    結論から言うと、国際会計基準を導入すべきだと考えられる。
    ジャパンプレミアム(外国の銀行が日本の銀行や事業会社に資金を貸し付けるとき、金利をほかの国より高くする)や、レジェンド問題など、日本の会計基準に対する信用がなくなってきている。これは、国際的な格付け会社による日本の会社の格付けが落とされることや、日本の国債までが格下げられたことからも伺える。これは、公表されている決算が実態を示していないと判断されているからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本での国際会計基準の導入
    結論から言うと、国際会計基準を導入すべきだと考えられる。
    ジャパンプレミアム(外国の銀行が日本の銀行や事業会社に資金を貸し付けるとき、金利をほかの国より高くする)や、レジェンド問題など、日本の会計基準に対する信用がなくなってきている。これは、国際的な格付け会社による日本の会社の格付けが落とされることや、日本の国債までが格下げられたことからも伺える。これは、公表されている決算が実態を示していないと判断されているからである。インターネットの時代が到来し、人、物、金、情報の移動の利便性が増し、社会が急速にグローバル化したことにより、経済の国際化が加速している。個人でも、イ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。