映画『ミセス・ダウト』に隠された家庭内役割分担の可能性

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数427
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    この点だけを見ると、ダニエルとミランダが「男女平等の家庭の見本」であるかのような印象がつく。彼らが共働きで共に家事能力をもつ理想の夫婦となるであろうことは容易に想起される。しかし単純にそう考えるのは甘いというのが私の考えだ。むしろ見方によっては痛烈な批判とも取れる。この作品にはさらに隠されたメッセージがある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ミセス・ダウト』を見て
    映画にはよっぽどの場合を除き、なんらかのメッセージが込められているというのが私の考えである。この『ミセス・ダウト』が私たちに伝えたかったメッセージとはなんなのか、それを考えてみた。このようなジェンダーに関する作品のメッセージ性を理解することは今後ジェンダーを学ぶ際の新たな視点となりうるからだ。
     では分析に入ろう。本作の魅力はなんといっても子煩悩だが家事はまるっきりできないダニエルがダウトファイアに扮し、試行錯誤を繰り返しながらも家事に挑戦し成長していく様子がコミカルに描かれているところである。ここには『男にだって家事能力はある』というメッセージがこめられていると思う..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。