君主論について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数15,559
ダウンロード数50
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ◆はじめに
    今回のレポート作成のために読んだ著作はニッコロ・マキャベリの『君主論』である。以下に君主論の章ごとの内容の要約と考察を載せる。
    ◆要約
    ○1章…すべて支配には君主制と共和制とに分けられ、君主制といっても世襲的なものと新しいものがある。後者のように新しい場合には、その土地が以前にも君主によって統治されているのに慣れている場合と自由な国制に慣れている場合とに分けられる。またその領土の獲得の方法も軍隊は自分のか、他人のか、または幸運によるものなのか実力によるものなのかで分けられている。
    ○2~3章…君主制で歴史ある君主政体に生まれ世襲的支配を行うのは簡単である。一方で新しく獲得した領土を支配するのには困難がつきまとう。新しく獲得した領地の習慣や制度が似ている場合、支配は比較的容易である。法や税制は変えてはいけないものの、旧君主を根絶やしにすればいいだけである。対して言語や風習が異なる場合の支配は難しい。新しい領土を獲得した支配者はその領土に移住し、殖民兵を置くのが良い。そして近隣の強大な勢力を弱めることに腐心し、外国の侵略に対し警戒するべきである。
    ○4~5章…新たに獲得した土地に君主制が敷いてあった場合、2種類に分けられる。一人の君主とその従僕によって治められるトルコ的な専制支配と、君主と諸侯によって治められるフランスに代表される王国である。前者の場合は侵略するのは困難であるがそれを治めるのは容易い。一方で後者は侵略をするのは簡単であるがそこからその領土を治めるのは困難である。対してその土地が君主制ではなく共和制であった場合は共和制を保ち続けてはいけない。君主がそこに移り住み、城砦を破壊することである。
    ○6~9章…ここでは君主権の獲得の仕方についての言及がなされている。6章には君主権を自らの力で獲得した場合のことが書かれている。この場合君主は独力で君主権を手に入れるほどの実力者であるので、獲得までの道のりは険しいもののそれ以降の支配は比較的楽である。一方で実力ではなく他人の力、あるいは運によって君主権を獲得した場合が7章に記されている。この場合その獲得は容易である反面それを維持するのは難しい。8章ではその獲得が極悪非道による場合のことが述べられている。ここで言う極悪非道にも2種類あり、正しい極悪非道と良くない極悪非道がある。ある領土を得ようとした場合には占領者は行いうる加害行為を綿密に検討し、一気に実行しなくてはならない。毎日あるいは何回かにわたり加害行為を加えないようにし、あまり多くの人がその加害行為を受けて傷つかないように配慮して断行しなければならない。一方で恩賞などの良いことは少しずつ与えたほうが良い。これが正しい極悪非道のやり方である。反面、良くない極悪非道とは一度に激しい加害行為は加えないが、少しずつ何回にもわたりそれを与えることである。9章では君主の樹立が誰の手によるものかについての言及がなされている。概して社会においては市民を抑圧したい貴族とその抑圧を避けたい市民とが対立するものであるが、この拮抗が破れると感ずるや否や彼らの中から一人を選び君主として持ち上げるのである。つまり貴族によって樹立される君主と市民によって樹立される君主の2種類が存在することとなる。この場合、貴族による君主のほうが市民による君主よりも困難を抱えることになる。その理由の一つとして自分を祭り上げた貴族の権力が強く、自分と同程度の貴族に囲まれているのであまり強権を振るえないということがある。また貴族の望みは市民を抑圧することが望みなので、貴族を満足させよ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ◆はじめに
    今回のレポート作成のために読んだ著作はニッコロ・マキャベリの『君主論』である。以下に君主論の章ごとの内容の要約と考察を載せる。
    ◆要約
    ○1章…すべて支配には君主制と共和制とに分けられ、君主制といっても世襲的なものと新しいものがある。後者のように新しい場合には、その土地が以前にも君主によって統治されているのに慣れている場合と自由な国制に慣れている場合とに分けられる。またその領土の獲得の方法も軍隊は自分のか、他人のか、または幸運によるものなのか実力によるものなのかで分けられている。
    ○2~3章…君主制で歴史ある君主政体に生まれ世襲的支配を行うのは簡単である。一方で新しく獲得した領土を支配するのには困難がつきまとう。新しく獲得した領地の習慣や制度が似ている場合、支配は比較的容易である。法や税制は変えてはいけないものの、旧君主を根絶やしにすればいいだけである。対して言語や風習が異なる場合の支配は難しい。新しい領土を獲得した支配者はその領土に移住し、殖民兵を置くのが良い。そして近隣の強大な勢力を弱めることに腐心し、外国の侵略に対し警戒するべきである。
    ○4~5章…新たに獲得した土地..

    コメント1件

    ab40043 購入
    参考になりました
    2007/07/23 17:12 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。