教育相談の研究1

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数220
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     学校カウンセリングという言葉を最近よく耳にしますが、最近では教師自身がカウンセラーという役割をすることが多くなってきている。教師が、クラスを運営し、その一方で、カウンセラーとして、子供たちのさまざまな悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して、子どもたちの心の問題を整理するということを行っていかないといけない必要がある。しかし、生徒から見ると、教師という立場に対しては、相談相手またカウンセラーとしての見方をしていないということが、現実の問題点として挙げられている。ではどのようにして学校の中で教師がカウンセラーを進めていけるのだろうか。私はこのように考えてみた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「教師が行う教育相談(学校カウンセリング)の在り方(進め方)について述べなさい。」
     学校カウンセリングという言葉を最近よく耳にしますが、最近では教師自身がカウンセラーという役割をすることが多くなってきている。教師が、クラスを運営し、その一方で、カウンセラーとして、子供たちのさまざまな悩みや相談を聞き、受容し共感することを通して、子どもたちの心の問題を整理するということを行っていかないといけない必要がある。しかし、生徒から見ると、教師という立場に対しては、相談相手またカウンセラーとしての見方をしていないということが、現実の問題点として挙げられている。ではどのようにして学校の中で教師がカウンセラ..

    コメント1件

    kyousi 購入
    参考になりました。
    2007/02/07 17:16 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。