ピルはなぜ避妊に有効なのか。そしてその副作用および副効用とは。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数526
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポートピル避妊副作用副効用

    代表キーワード

    ピル副作用避妊

    資料紹介

    ピルとは、子宮の発達や子宮内膜の増殖を促す卵胞ホルモン(エストロゲン)・子宮内膜を受精卵着床可能な状態にする黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用を持つ2種類の合成ステロイドを含む経口(口を通して体内に入れること)避妊薬である。卵胞ホルモンは、未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させる作用を持つ卵胞刺激ホルモン(濾胞刺激ホルモンとも言われる)の分泌を抑制する。また、黄体ホルモンは、生殖腺に作用して性ホルモンの分泌を促す作用や、排卵を引き起こす作用を持つ黄体化ホルモン(黄体形成ホルモンとも言われる)の分泌を抑制する。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ピルはなぜ避妊に有効なのか。そしてその副作用および副効用とは。
    ピルとは、子宮の発達や子宮内膜の増殖を促す卵胞ホルモン(エストロゲン)・子宮内膜を受精卵着床可能な状態にする黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用を持つ2種類の合成ステロイドを含む経口(口を通して体内に入れること)避妊薬である。卵胞ホルモンは、未成熟の卵胞の成長を刺激し成熟させる作用を持つ卵胞刺激ホルモン(濾胞刺激ホルモンとも言われる)の分泌を抑制する。また、黄体ホルモンは、生殖腺に作用して性ホルモンの分泌を促す作用や、排卵を引き起こす作用を持つ黄体化ホルモン(黄体形成ホルモンとも言われる)の分泌を抑制する。この、双方のホルモンの作..

    コメント1件

    dandandelion 購入
    参考になった
    2006/07/28 12:04 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。