子供を産み、育てるということと社会的環境における課題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数260
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    自分が子供を産み、育てることをシミュレーションしてみると、こうだ。
    まず、出産について。一言で言えば、「痛くて怖い。でも神秘的」だ。私は、子供を産む時の痛さは「鼻からスイカが出てくるようなものだ」と聞いている。考えただけでもゾッとするのだから、実際に体験する時は大声でわめいてしまいそうだ。でも、生まれた子供を自分の元に抱き寄せる際には、間違いなく感動するだろう。「この子が、私の体からで出来たのだ!」と。それに、前期の授業を通じて、赤ちゃんも自分の頭の形を変えながら一生懸命頑張っていると学んだので、「こんなに小さな体で、よく頑張ったなぁ」とも思うだろう。そんな、“生命”というものを最もしみじみと感じられる出産というものにも、問題がある。莫大な費用がかかるということだ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●子供を産み、育てるということと社会的環境における課題
    自分が子供を産み、育てることをシミュレーションしてみると、こうだ。
    まず、出産について。一言で言えば、「痛くて怖い。でも神秘的」だ。私は、子供を産む時の痛さは「鼻からスイカが出てくるようなものだ」と聞いている。考えただけでもゾッとするのだから、実際に体験する時は大声でわめいてしまいそうだ。でも、生まれた子供を自分の元に抱き寄せる際には、間違いなく感動するだろう。「この子が、私の体からで出来たのだ!」と。それに、前期の授業を通じて、赤ちゃんも自分の頭の形を変えながら一生懸命頑張っていると学んだので、「こんなに小さな体で、よく頑張ったなぁ」と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。