行動主義と新行動主義(心理学)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,157
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     本課題については、行動主義が誕生した背景、基本的理論、新行動主義の誕生した背景、基本的理論、行動主義・新行動主義の問題点(ゆきづまり)の順番で教科書の記述を中心に考察する。
     行動主義は1913年にJ.B.ワトソンが発表した論文を起点にアメリカで支配的になった心理学派である。心理学の世界では19世紀になると心理学を「意識の学」と定義することへの疑問が生じ、心理学を科学の研究対象とするには「意識」という曖昧なものに基礎を置くのではなく、外部的に把握可能な「行動」に基礎を置こうという考えが生まれた。これが行動主義心理学の出発点と言える。
    社会的背景を見ると、アメリカは封建的身分観念が希薄であり、上下関係の軽視、敬語の欠如、不十分な意思表示が行われている。表情、身振り、言い回しなどが社会的距離を測る物差しになっている。心理表出・理解のテクニックが社会的に必要なのである。そのため、人間の心理は外部的行動を中心に見るようになる。このことが行動主義の発展を容易にさせたと言える。
     時代的背景を見ると、1910年代は第1次世界大戦後の資本主義安定期であり、アメリカの国富が著しく増大したが、新しい富..

    コメント1件

    yosirou 購入
    参考になりました
    2007/06/17 23:49 (9年5ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。