多数当事者訴訟

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数965
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    多数当事者訴訟とは、訴訟行為に複数の当事者が参加するこという。複雑化した社会生活・経済活動の中では、個人対個人では解決できず、複数の者が関わる問題、複数の者に影響を与える問題が生じており、訴訟において当事者が複数となることは珍しくない。多数当事者訴訟の形態は、?共同訴訟、?独立当事者訴訟、?補助参加、?訴訟継承がある。この4つについて個別に検討する。
    ?共同訴訟は、通常共同訴訟と必要的共同訴訟に分類され、原告・被告またはその双方が複数いる訴訟形態である。制度の目的は、審判の重複回避による時間・費用の節約、判決矛盾の回避、手続き保障の充実がある。他方で、訴訟内容の複雑化、個々の当事者の訴訟追行上の不利等が問題点として存在する。
    通常共同訴訟とは、本来は個別に裁判を行うことができるが、便宜上共同訴訟とすることが認められた制度である。審理重複と矛盾判決の回避という利点があり、特に審理重複の回避に重点がある。主観的併合要件は、権利義務共通(38条前段)、原因共通(38条前段)、権利義務同種かつ原因同種(38条後段)がある。客観的併合要件として、同種手続、併合禁止でないこと、管轄権があるの、の3点を具備する必要がある。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     多数当事者訴訟とは、訴訟行為に複数の当事者が参加するこという。複雑化した社会生活・経済活動の中では、個人対個人では解決できず、複数の者が関わる問題、複数の者に影響を与える問題が生じており、訴訟において当事者が複数となることは珍しくない。多数当事者訴訟の形態は、①共同訴訟、②独立当事者訴訟、③補助参加、④訴訟継承がある。この4つについて個別に検討する。
     ①共同訴訟は、通常共同訴訟と必要的共同訴訟に分類され、原告・被告またはその双方が複数いる訴訟形態である。制度の目的は、審判の重複回避による時間・費用の節約、判決矛盾の回避、手続き保障の充実がある。他方で、訴訟内容の複雑化、個々の当事者の訴訟追行上の不利等が問題点として存在する。
     通常共同訴訟とは、本来は個別に裁判を行うことができるが、便宜上共同訴訟とすることが認められた制度である。審理重複と矛盾判決の回避という利点があり、特に審理重複の回避に重点がある。主観的併合要件は、権利義務共通(38条前段)、原因共通(38条前段)、権利義務同種かつ原因同種(38条後段)がある。客観的併合要件として、同種手続、併合禁止でないこと、管轄権があるの..

    コメント1件

    yamada11 購入
    内容が薄いので、参考になりませんでした。
    2007/01/06 18:14 (9年11ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。