社会科の成立と今日までの変遷の概要

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数8,791
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会科教育教育学ゆとり

    代表キーワード

    社会科教育学

    資料紹介

    社会科の成立と今日までの変遷の概要
     日本の学校教育における社会科は第二次世界大戦後に成立した。昭和20年8月の敗戦後に日本を占領したGHQによる政策によって、日本のその後の教育改革は大きく影響を受けることになる。教育行政自体がGHQの占領政策の支配下に置かれ,同20年の10月,GHQは「日本教育制度ニ対スル管理政策」を出し,軍国主義による教育という戦前の方針を日本の教育界から追放することを指令している。
    社会科に関連した教育についても例外ではなく、同20年の12月にはGHQによって「修身・日本歴史及ビ地理停止ニ関スル件」が出され、まずこれら戦前から行われ、戦時色の強い教科である「修身」「日本歴史」「地理」の授業停止と教科書の回収が行われた。その後もGHQ内に設置されたCIE(民間情報教育局)の指導の下に文部省は研究を行い、公民科に地理や歴史を包含するという形式の新教科として社会科を発足させることとし、学習指導要領に示されることとなった。
     具体的には1947年3月,国会で「教育基本法」と「学校教育法」が成立し,新しい教育方針のもとに4月から新学制が発足した。同法の成立、新学制の発足によって従来の教育課程が廃止され,同時に新たに社会科が成立・登場することになった。同年5月に学習指導要領「社会科編(1),小学校」が,また6月に学習指導要領「社会科編(2),中学校及び高等学校第1学年」が発表され,9月から全国の小・中学校で「社会科」の授業が開始されている。
     この学習指導要領が昭和22年版学習指導要領と呼ばれるものである。その中では、新しく設置された社会科は「社会生活についての良識と性格を養うこと」を目的とすると述べられている。社会科の変遷という側面を考えると、この時期に成立した新教科としての社会科の大きな特徴は学問的な系統よりも児童生徒の生活経験の系統が重視され、知識よりも社会生活の進展に寄与できることが重要であると捉えられている。学問としての知識を系統的に学ぶことよりも児童・生徒の自主性・自発性を重んじ,地域を中心とした問題解決学習を行うことを基本としている。
     この経験主義に基づく教育といえる初期社会科の特徴は、その後の昭和26年版の学習指導要領についても継承されている。昭和26年版ではアメリカの強い影響を受けて作られた昭和22年版を実際に実施した経験から、日本の実情にあった修正がなされているが、基本的には社会科としての性格や内容構成を変えていないこともあり、初期社会科は昭和22年版において成立し、26年版である程度形として完成したと言うことができる。
     以上二つの版の学習指導要領に対して、社会の変化に対応し社会科の教育も変容していったと考えられるのが昭和30年版、昭和33年版の学習指導要領である。このうち昭和30年版に関しては、社会科のみを対象とした改訂であり、異例のものであったが、その内容としては日本の実情に合わせて社会科の変容を求めるものであり、系統化への方向性を示すものとなっている。この改訂からすぐに昭和33年版では、道徳の新設を含めた全面改訂が行われている。小学校社会科の目標には「郷土や国土に対する愛情を養う」、「先人の業績や優れた文化遺産を尊重する態度、正しい国民的自覚をもって国家や社会の発展に尽くそうとする態度などを養う」などの文言が新たに登場したことは、愛国心の強調とみてとることができる。これらは道徳の新設とあわせて考えると、戦後にいったん修身科の廃止などによって道徳的な教育については戦前の強い影響を排除しようとし、殊更に強く取

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    社会科の成立と今日までの変遷の概要
     日本の学校教育における社会科は第二次世界大戦後に成立した。昭和20年8月の敗戦後に日本を占領したGHQによる政策によって、日本のその後の教育改革は大きく影響を受けることになる。教育行政自体がGHQの占領政策の支配下に置かれ,同20年の10月,GHQは「日本教育制度ニ対スル管理政策」を出し,軍国主義による教育という戦前の方針を日本の教育界から追放することを指令している。
    社会科に関連した教育についても例外ではなく、同20年の12月にはGHQによって「修身・日本歴史及ビ地理停止ニ関スル件」が出され、まずこれら戦前から行われ、戦時色の強い教科である「修身」「日本歴史」「地理」の授業停止と教科書の回収が行われた。その後もGHQ内に設置されたCIE(民間情報教育局)の指導の下に文部省は研究を行い、公民科に地理や歴史を包含するという形式の新教科として社会科を発足させることとし、学習指導要領に示されることとなった。
     具体的には1947年3月,国会で「教育基本法」と「学校教育法」が成立し,新しい教育方針のもとに4月から新学制が発足した。同法の成立、新学制の発足に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。