学歴社会とは何か。高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのか。

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,644
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。
    「学歴社会」とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」である。つまり、どのような教育機関で学んできたかによって、職業選択、給与体系、出世速度など社会において様々な機会で学歴が影響を与えることになる。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広い意味であり、具体的には文化的地位なども含む。
    学歴社会とは、どのようにして成り立ったのかについて見ていく。その原型は明治時代の維新政府が各分野における優れた人材、その供給を保障してくれる機構にあると考えられている。明治以前は封建的な制度であり、士農工商という身分社会の中で生まれもった身分によって、進路や職業が決定されていた。教育制度については士族の子息は藩校へいき、町人・農民の子どもは寺子屋で読み・書き・そろばんと言われる実用的な知識や技能を教わっていた。つまり、学歴を考えるまでもなく、身分によってその教育、仕事、関わる文化が決定されるという階層社会であった。
    しかし、このような身分階級に縛られた考え方では明治の開国後の欧米の列強に追いつくべく大変革を行う時代の「富国強兵」などの国家目標を達成させることが困難と考えられた。より効率的で安定的な人材育成・登用のシステムが必要とされているのである。この必要性を満たすために当時考えられた仕組みが初期の学歴社会である。学校塔婆にできるだけ広い諸階層の子どもを集め、そこで一定のルールに基づき子どもを競わせる。そして学校という場でのパフォーマンスに応じて社会的・職業的地位を割り振るというわけである。つまり、初期の学歴社会は必要に迫られて導入されたシステムであり、国民の精神的・知的統合や識字率の向上など文化基盤を整備する役割を果たし、また多方面にわたるリーダーを質量共に安定的に供給するという役割を果たしていたとうメリットがあった。よって学歴によって区別されるというのではなく、それまでの身分による区別をやめて、一律学力というこれからの産業整備に役立つであろう能力を持つと見られる人材を効率よく育て、産業界に送り出すという仕組みだったのである。
     つぎに現在、学歴社会において学歴がどのように評価されているのか5つの考え方をあげる。
    漠然とした社会的評価
    漠然としたレベルでの社会的な評価であり、ある程度具体的な数値をもってランキング化等がされることはあるが、あくまで漠然としたもので実際には専攻する学問分野や性別の違いなどによって差異があるはずであるがそこまで厳密なものではない。数値としては一流企業への就職率、入学試験の偏差値、国家公務員試験合格者数、司法試験・公認会計士・医師などの国家試験合格者数、社長の輩出率などがある。
    ブランドとしての大学
    ①では漠然として入るが、具体的な数値等をもって計られているが、ブランドは何らかの社会的実績ではなく、学生の社会階層上の特性から生まれるイメージによる区別である。その大学のもつ伝統や過去の出身者の功績などからもたらされるため、ブランド全体を考えた場合は、①の大学自体が持つ数値上の特性もそこに影響を与えていると思われる。経済的に言えばブランドは超過収益力を表している。大学の場合で言えば、単に大学卒という資格に加えて一般的に人がもっているイメージへの付加価値と見ることができる。
    人的資本論
    知識・技術の水準が学歴によって表現されると考える理論で、例えばよりよい医科大学では教授陣の質、スタ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べよ。
    「学歴社会」とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」である。つまり、どのような教育機関で学んできたかによって、職業選択、給与体系、出世速度など社会において様々な機会で学歴が影響を与えることになる。社会的地位とは職業的地位と重なる側面もあるが、もっと広い意味であり、具体的には文化的地位なども含む。
    学歴社会とは、どのようにして成り立ったのかについて見ていく。その原型は明治時代の維新政府が各分野における優れた人材、その供給を保障してくれる機構にあると考えられている。明治以前は封建的な制度であり、士農工商という身分社会の中で生まれもった身分によって、進路や職業が決定されていた。教育制度については士族の子息は藩校へいき、町人・農民の子どもは寺子屋で読み・書き・そろばんと言われる実用的な知識や技能を教わっていた。つまり、学歴を考えるまでもなく、身分によってその教育、仕事、関わる文化が決定されるという階層社会であった。
    しかし、このような身分階級に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。