ストリート・コーナーソサエティ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,189
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小物たち:コーナー・ボーイズ
    とガレッジ・ボーイズ 

     はじめに、この本は、著者の手により1993年に出された増補改訂第4版の完訳である。都市エスノグラフィーの古典として揺るぎない評価を得て、50年にわたって読みつがれてきた「本編」はもとより、大幅に増補改訂された「アペンディクス」は、社会調査・参与観察の方法論ノートとして、大いなる示唆に富んでいる。社会学・都市人類学を学ぶ人びとすべての必読の書であるとのこと。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小物たち:コーナー・ボーイズ
    とガレッジ・ボーイズ 
     はじめに、この本は、著者の手により1993年に出された増補改訂第4版の完訳である。都市エスノグラフィーの古典として揺るぎない評価を得て、50年にわたって読みつがれてきた「本編」はもとより、大幅に増補改訂された「アペンディクス」は、社会調査・参与観察の方法論ノートとして、大いなる示唆に富んでいる。社会学・都市人類学を学ぶ人びとすべての必読の書であるとのこと。
    『ストリートコーナーソサエティ』にでてくる、ギャング団のような反社会的組織をかなり大きくわけると、「小物たち」と「大物たち」に分けられて説明されている。本来はもっと詳しく説明されていますが・・・。まず先に、「小物たち」から。この書ではじめに出てくるのが、ノートン団という組織である。この組織は、ドックがひきいているギャング団である。ノートン団は、アメリカのイースタンシティの中心部辺りに位置するスラム街、コーナーヴィルが発祥の地である。このコーナーヴィルとは、イースタンシティに住む人々にとって、危険で陰鬱な、不思議な土地である。なぜなら、そこは高級なメインストリートからすぐの所にあ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。