情報化社会の可能性について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,022
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「情報化社会の可能性について」
    二十一世紀の社会は情報化社会であると言われている。情報化社会は私たちにどういう意味をもたらすのであろうか。そして、私たちはこれからの世界をよりよくするために何をすべきなのか。このことについて、この機会に今考えていることを論じてみたい。  私達は、さまざまな分野において、たくさんの情報を世界中から手に入れる事が可能である。その情報量はますます増えており、知りたい情報を知りたい程度に絞り込むのに苦労することがあるほどである。膨大な情報を前にして途方にくれた時、これが情報化社会というものかと感心したりもする。しかし、情報量の増加は、情報化社会と呼ばれる前のこれまでの社会にもみられてきた現象である。
    例えば、新聞や雑誌、テレビ、ラジオなどで得られる情報はこれまでも年々増えてきている。もっとも、インターネットという強力な情報の獲得手段が加わった情報化社会と呼ばれる今日では、以前の時代に入手できた情報量とは比較にならないほど膨大な情報量が短時間で簡単に入手できるようになっている。それでもただ情報量が飛躍的に増えたというだけなら、これまでの社会にも見られてきた出来事で..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。