ベトナム戦争へのアメリカの介入

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,074
ダウンロード数11
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    冷戦時代において、ベトナム情勢の展開で一方の主役になってしまったアメリカは、なぜベトナムにこれほどまでに大きな関心を集中したのだろうか。アメリカにとってベトナムという地域は、中南米などとは異なり直接の権益が存在する地域ではなかったはずである。アメリカのベトナム介入は「共産主義封じ込め」(ベトナムにアメリカが介入したのは、共産主義がインドシナ半島や東南アジアに拡大するのを抑止するため)という世界戦略の一環としてとらえられるようになってしまった。だが、このベトナム戦争を経験したことによりアメリカという大国が変容していくことができたのである。この戦争の背景には、アメリカ国内での反戦運動をはじめ、世界..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。