フォードシステムとトヨタ生産システム

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数906
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    フォードシステムとトヨタ生産システム
    ○フォードシステム
    Fordは価格を引き下げることは繁栄を永続化すると言ったが、この価格を引き下げは企業の収益、労働者の所得を増幅させる。そこからもわかるようにFordは公衆へのサービスを追及した。それは製造コストが低下し、利潤が増加、価格低下による公衆への広がりから顧客の創造につながる。これらのことから経営と言うものは生命であり、生命にはそれを維持するために先々の準備、すなわち利潤が必要なのである。利潤は非常事態や成長のために必要だということである。これは経営がサービスを提供し、経営の成長のために利潤は経営に必要なのである。そしてFordは「制限的利潤説」を主張している。
     生産システムにおける標準化とは最良の商品を十分なだけ、しかも最低コストで生産できるようにするために、生産上の全ての最良の点と、諸商品のすべての最良の点を結合することである。これが大量生産によるメリットを引き出すための標準化である。これにより費用の節約やFordの考え方による管理者は仕事を管理するということは管理者によって計画され様々な設備や部品、設計、情報などの標準化・規格化..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。