拘束性預金と信用割合

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数496
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    拘束性預金と信用割合
    拘束性預金について
     日本の金融界では「・」(預金)と呼ばれている。アメリカ金融界ではCompensating Balanceと呼ばれている。
     拘束性預金とは借手企業が銀行から借り入れた資金の一部をその銀行に預金として持っていなくてはならない預金である。借手がこの預金を引き出そうとすると銀行がにらみつけて引き出せないようにするところから「にらみ預金」とも呼ばれる。
     例えば銀行から借手企業が金利10%で1000万円借りたとする。借手企業は銀行に500万円を当座預金しなければいけない。残りの500万円を借手企業は投資資金として使える。つまり下図のようなことである。
    このよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。