『沈黙の春』を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数3,383
ダウンロード数32
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    <「沈黙の春」の目的>
    「沈黙の春」(Silent Spring)はチェル・カーソンが1958年から1962年までの4年間を費やして書いた環境問題の古典であり、出版から半世紀近く経った現在でもその内容から学ぶところは多い。この論文の重要さを示すかのように、「沈黙の春」やカーソン自身に焦点をあてた文献は現在にいたるまで数多く出版されてきた。「沈黙の春」に影響を受け、カーソンの後を継ぐ形で環境ホルモン(内分泌攪乱化学物質)の研究を続けた者も数多くいる。1996年にシーア・コルボーンによって出版された「奪われし未来」(Our Stolen Future)には科学的根拠をもった環境ホルモンの危険性や、どうすれば化学物質から身を守ることができるかというアドバイスなどが書かれており、「沈黙の春」の比較対象とされることが多い。「沈黙の春」は全世界で初めて化学物質の危険性を指摘した文献として名高いが、1960年代の科学技術では化学物質が生物に与える影響について科学的解明がなされておらず、その役割は「化学物質の危険性について警鐘を鳴らす」ことであったようだ。
    <1960年代の様子>
    今でこそ誰もが「環境ホルモン」という言葉を知っており、その危険性を認識しているが、当時はその概念がまったくなかった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『沈黙の春』を読んで
    まえがき
     「沈黙の春」といえば環境問題を扱う人で知らない者はないほど有名な論文であるため、その内容と意義を知りたいと思いテーマに選定した。
    「沈黙の春」の目的
     「沈黙の春」(Silent Spring)はチェル・カーソンが1958年から1962年までの4年間を費やして書いた環境問題の古典であり、出版から半世紀近く経った現在でもその内容から学ぶところは多い。この論文の重要さを示すかのように、「沈黙の春」やカーソン自身に焦点をあてた文献は現在にいたるまで数多く出版されてきた。「沈黙の春」に影響を受け、カーソンの後を継ぐ形で環境ホルモン(内分泌攪乱化学物質)の研究を続けた者も数多くいる。1996年にシーア・コルボーンによって出版された「奪われし未来」(Our Stolen Future)には科学的根拠をもった環境ホルモンの危険性や、どうすれば化学物質から身を守ることができるかというアドバイスなどが書かれており、「沈黙の春」の比較対象とされることが多い。「沈黙の春」は全世界で初めて化学物質の危険性を指摘した文献として名高いが、1960年代の科学技術では化学物質が生物に..

    コメント1件

    kanakokanako 購入
    ありがとうございました
    2007/10/15 13:15 (9年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。