企業と社会にとって知的財産権とは

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数336
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    企業と社会にとっての知的財産権について、前回の授業で見たビデオ「知は誰のものか」を参考に挙げていく。
     まず、知的財産権とは個人などが作った作品やキャラクターなど人間の知的生産物を各法律で特別の保護規定などが設けられている、という権利のことだが、企業と会社との間でいろいろな論争が繰り広げられている。最近では海賊版と言われる違法なコピーが1日に映画35万本、音楽1億2千万曲流出している。これにより、代金を払わずに映画や音楽を楽しんでいる人が1億人を越えているといわれている。その結果、音楽会社の売り上げが約10%落ちてしまっていて、製作者側の意欲が低下し、創造性の危機と文化の破壊を招くと主張されている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業と社会にとって知的財産権とは?
    企業と社会にとっての知的財産権について、前回の授業で見たビデオ「知は誰のものか」を参考に挙げていく。
     まず、知的財産権とは個人などが作った作品やキャラクターなど人間の知的生産物を各法律で特別の保護規定などが設けられている、という権利のことだが、企業と会社との間でいろいろな論争が繰り広げられている。最近では海賊版と言われる違法なコピーが1日に映画35万本、音楽1億2千万曲流出している。これにより、代金を払わずに映画や音楽を楽しんでいる人が1億人を越えているといわれている。その結果、音楽会社の売り上げが約10%落ちてしまっていて、製作者側の意欲が低下し、創造性..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。