EUの考察と日本

全体公開
ダウンロード pdfダウンロード
ページ数4
閲覧数393
ダウンロード数27
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『統合と分裂のヨーロッパ』が出版されたのは13年前の1993年で、マーストリヒト条約が発効し、市場の統合が完成した年である。つまり、ヨーロッパが大きな一歩を踏みだした時期なのだが、著者は的確な分析を行い、ヨーロッパ世界を展望し、現在の状況を鋭く予見している。たとえば、各国家がECによる統合によって主権の一部を喪失し、これまで国家を標的としてきた運動が次第にその有効性を失ってゆくため、減少してゆくだろう、という指摘には、2005年にIRAが武装闘争の終結を宣言したことが当てはまるだろう。また、各国内での地域主義運動が、とりわけ自らの経済的周辺化を問題にするとき、近い将来にポーランド、チェコ、ハンガリーといった東欧諸国がECに加盟・準加盟するような場合には、その運動の正当性を失ってゆく、という推察は現在加盟国が25カ国となったEUの大きな課題が、西欧諸国と東欧諸国の経済格差是正であるということを考えれば、まさにその通りといえる。
    著者は、西欧の変化は「国民国家モデル」、つまりアイデンティティが国民国家におかれている状態から、「三空間並存モデル」、つまりEC・国家・地域のそれぞれについてのアイデンティティを同時に持っている状態への移行という形に要約できると分析している。

    資料の原本内容( テキストデータ全体をみる )

    EUの考察と日本
    参考書籍:統合と分裂のヨーロッパ
    『統合と分裂のヨーロッパ』が出版されたのは13年前の1993年で、マーストリヒト条約が発効し、市場の統合が完成した年である。つまり、ヨーロッパが大きな一歩を踏みだした時期なのだが、著者は的確な分析を行い、ヨーロッパ世界を展望し、現在の状況を鋭く予見している。たとえば、各国家がECによる統合によって主権の一部を喪失し、これまで国家を標的としてきた運動が次第にその有効性を失ってゆくため、減少してゆくだろう、という指摘には、2005年にIRAが武装闘争の終結を宣言したことが当てはまるだろう。また、各国内での地域主義運動が、とりわけ自らの経済的周辺化を問題にするとき、近い将来にポーランド、チェコ、ハンガリーといった東欧諸国がECに加盟・準加盟するような場合には、その運動の正当性を失ってゆく、という推察は現在加盟国が25カ国となったEUの大きな課題が、西欧諸国と東欧諸国の経済格差是正であるということを考えれば、まさにその通りといえる。
     著者は、西欧の変化は「国民国家モデル」、つまりアイデンティティが国民国家におかれている状態から、「三空間並存..

    コメント1件

    nikoniko 購入
    .
    2007/01/25 13:48 (9年10ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。