あき看護師さん累積訪問者(4,926,892名)
資料
フォルダ
タグ
販売資料
プロフィール

資料:1,464件

  • 腰椎穿刺(ルンバール)
  • 腰椎穿刺(ルンバール) 目的  脊髄末端より下で腰椎(L3~L4間あるいはL4~L5間)くも膜下腔を穿刺し、髄液採取、髄液圧の測定、髄液腔への薬液注入、髄液の排除など、診断および治療の補助にする  対象  髄膜炎や脳炎等の炎症性、感染性疾患患者及びその疑いのあ
  • 540 販売中 2009/04/03
  • 閲覧(71,358)
  • 生理的体重減少
  • 生理的体重減少 生後3~4日経つと体重は3~10パーセント減少する →胎便、尿、不感蒸泄、哺乳量などで排泄、栄養水分の摂取不良、組織液の消失(不感蒸泄)が、摂取量より多いために起こる 体重減少率の判断 体重減少率の求め方 (出生時体重)-(現在の体重)÷(出生
  • 540 販売中 2009/04/14
  • 閲覧(61,368)
  • <注射レポート> 注射の方法、手順、留意点
  • 項目 1、はじめに 2、点滴静脈内注射の方法、手順、留意点 3、筋肉注射の方法、手順、留意点 4、皮下注射の方法、手順、留意点 5、皮内注射の方法、手順、留意点 6、静脈注射の方法、手順、留意点 7、必要物品 8、処方箋確認から後片付
  • 540 販売中 2009/04/02
  • 閲覧(56,638) 2
  • 基礎看護技術レポート【全項目】事前学習 141ページ
  • ---基礎看護技術レポート(自己学習)---    ■項目…  ●コミュニケーション  ●観察  ●記録・報告  ●バイタルサイン測定  ●環境  ●体位への援助  ●患者の移動・移送  ●運動と休養  ●身体の清潔  ●寝衣の清潔  ●食事の援助  ●排泄
  • 3,564 販売中 2009/05/20
  • 閲覧(50,201) 30
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン)
  • 動脈内留置カテーテル(Aライン) 目的  動脈にカテーテルを留置し、モニターに接続することにより持続的に血圧や脈拍などの血行動態を把握したり、動脈血の検査を頻回に測定するといった診断目的が主である。またこの他にも悪性腫瘍に対するAラインを通じての抗癌剤の注入や
  • 540 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(49,600)
  • 経管栄養法の目的、注意事項、手順方法、観察ポイント
  • 経管栄養法  目的  径管栄養法は、食事や水分を経口的に摂取できない場合、また活動に必要な量の食事が摂取できない場合に栄養チューブを介して積極的に栄養を管理する目的で行われる。  注意事項  径管栄養注入直前にチューブの先端が正しい位置に挿入されているか確認す
  • 540 販売中 2009/04/02
  • 閲覧(48,538)
  • 胸腔ドレナージ(メラサキューム低圧持続吸引器の場合)
  • 胸腔ドレナージ(メラサキューム低圧持続吸引器の場合) 目的 胸腔内に貯留する空気、液体(浸出液、漏出液、血液、膿)を、排除し、虚脱した肺の再膨張を促す。  空気や液体の排出量や、程度を観察する。  排液の性状(血液、非血液か膿性液、比重、蛋白含有量、細菌、腫瘍
  • 540 販売中 2009/04/15
  • 閲覧(47,820)
  • 中心静脈圧測定(CVP)
  • 中心静脈圧測定(CVP) 目的 右心系の機能を把握する。  ショック時の患者の状態や治療に対する反応を把握する。  循環血液量と心臓の状態の関係を把握する。  うっ血性心不全の状態を知る。  必要物品  圧トランスデューサー、三方活栓、加圧バック、ソルラクト、
  • 540 販売中 2009/04/13
  • 閲覧(47,345)
  • サードスペースについて
  • サー ドスペースについて 手術操作により、血管壁の破壊や、細胞に損傷を受けることにより、 水分、ナ トリウムが細胞外にもれ、細胞と細胞の間に移行して形成さ れた腫脹がサー ドスペース。サー ドスペースに貯留した体液は有効な 循環血液量としては使用することができ
  • 540 販売中 2009/04/23
  • 閲覧(38,624)
  • 牽引療法(スピードトラック牽引)
  • 牽引療法(スピードトラック牽引) 適応 骨折、脱臼の整復や局所の安静固定  急性関節炎および慢性関節炎の疼痛の緩和や関節の負荷と安静  不良肢位、拘縮の予防、矯正や病的脱臼の予防と治療  脊椎疾患の負荷と安静  関節形成術や骨折手術後の後療法
  • 540 販売中 2009/04/28
  • 閲覧(36,257)
  • 股関節脱臼、TIA、脱水 看護サマリー
  • 受持患者看護要約とその学び [様式 10]  成人・老年看護学実習Ⅰ   実習場所 (※病院 ※ 病棟 ) 番号 番 氏名  .  患者氏名 : A・A 氏 性別 : 男性 年齢 : 77歳 発達段階 : 老年期 健康段階 : 回復期  病名
  • 540 販売中 2009/04/17
  • 閲覧(35,846)

新しくなった
ハッピーキャンパスの特徴
写真のアップロード
一括アップロード
管理ツールで資料管理
資料の情報を統計で確認
資料を更新する
更新前の資料とは?
履歴を確認とは?