手術室看護レポート 自己学習 事前学習 15ページ

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数15
閲覧数6,683
ダウンロード数66
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    手術室看護(周術期-術前・術後)の大事なところは全てまとめています。



    麻酔の種類とその特徴

    (吸入麻酔、静脈麻酔、表面麻酔、浸潤麻酔、脊椎麻酔、

    硬膜外麻酔、伝達麻酔、経静脈局所麻酔) etc



    脊椎麻酔について

    (薬液の広がり方、合併症) etc



    硬膜外麻酔

    (脊椎麻酔との比較まとめ) etc



    麻酔薬の種類 どんなものがあるか

    (吸入麻酔薬、静脈麻酔薬、局所麻酔薬、手術で使用される救急薬) etc

    (昇圧薬、降圧薬、抗不整脈薬、冠血管拡張薬、抗痙攣薬、利尿薬、喘息治療薬) etc



    使用方法 どのようにかけるのか

    手術中覚醒について

    覚醒遅延について

    血圧コントロール 周手術期に高血圧のコントロールが必要なわけ

    輸血のための血液はどのぐらい準備すればいいか

    (最大手術血性準備量 MSBOS、T&S、輸血療法の概要) etc



    モニタリング

    麻酔器と人工呼吸器

    緊急手術患者では、どんな情報が最低限必要か

    (一次評価、二次評価、FIXESのチェック、AMPLEヒストリー) etc



    手術室とはどういう所か

    清潔について不潔について

    (手術時手洗いについて、クリーンルームの適応、)etc



    術前評価について

    (病歴聴取、合併症の把握、気道評価<気道確保困難が予測される所見図>総合的なADL評価)



    米国麻酔学会ASA]の全身状態評価表

    麻酔が必要な理由

    術前検査

    (心機能評価、リスク分類)etc

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    手術室看護(周術期-術前・術後)レポート(自己学習)
    麻酔の種類とその特徴
    (吸入麻酔、静脈麻酔、表面麻酔、浸潤麻酔、脊椎麻酔、
    硬膜外麻酔、伝達麻酔、経静脈局所麻酔) etc
    脊椎麻酔について
    (薬液の広がり方、合併症) etc
    硬膜外麻酔
    (脊椎麻酔との比較まとめ) etc
    麻酔薬の種類 どんなものがあるか
    (吸入麻酔薬、静脈麻酔薬、局所麻酔薬、手術で使用される救急薬) etc
    (昇圧薬、降圧薬、抗不整脈薬、冠血管拡張薬、抗痙攣薬、利尿薬、喘息治療薬) etc
    使用方法 どのようにかけるのか
    手術中覚醒について
    覚醒遅延について
    血圧コントロール 周手術期に高血圧のコントロールが必要なわけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。