看護実習記録 肺炎・気管支炎患者の歩行訓練の実施

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数2,726
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       
    実習記録の項目
       実習目標…肺炎・気管支炎で症状は軽快しており歩行が困難な患者に~
    計画項目(行動計画) …午前 午後~
    実施項目…午前 午後~
    実施項目…歩行訓練~
    情報…70代男性、肺炎・気管支炎、ネブライザー(ビソルボン)にて治~
    目的…①体力を取り戻し、退院後の日常生活ができるように援助する~
    留意点…①肺炎、気管支炎で肺換気量が低下している恐れがあるため~
    必要物品…車椅子、休憩の為の椅子~
    実施…実施内容 患者の反応 看護者の気付き
       ①患者に歩行練習を行う旨を伝え、立ってもらうように伝えた~
    記録・報告…15:00 歩行訓練の実施 呼吸平静、咳嗽、排痰なし、~
    考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。