看護実習記録 内視鏡的胃瘻造設術の術前・術中の看護

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数2,512
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

       実習記録の項目
       実習目標…くも膜下出血術後の患者の全身状態に注意し、~
    計画項目(行動計画) …午前 午後~
    実施項目…午前 午後~
    実施項目…胃瘻造設術の術直前・術中の看護~
    情報…40代男性、くも膜下出血、ネッククリッピング術後~
    目的…①手術の効果を高め、手術による損失を少なくする~
    留意点…①バイタルサインを測定し異常の早期発見に努め~
    必要物品…血圧計、聴診器、体温計、秒針付時計、バスタ~
    実施…実施内容 患者の反応 看護者の気付き
       ①看護師によるバイタルサイン測定を見学した。脳~
    記録・報告…15:00 バイタルサイン測定の実施 T=36.0~
    考察…今回、術前看..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。